セキュリテイを高める

おしゃれな事務所

ICチップを埋め込んだカード式社員証を導入する企業が増えてきました。社員証と言えば企業に勤めているという証明にもなりますので公的な証明書としても活用出来るものですが、企業内でのセキュリティーの観点から言ってもICカード式社員証の導入は時代の流れから言えば当然であると言えます。 実際に社員証としてICカードを導入している企業では部屋への入退室や会社の出勤帰宅などを社員証で管理しているところもあり、セキュリティーは当然として社員の行動管理が把握出来るというのは大きなメリットであると言えます。また社員食堂や企業が使用している施設なども使用料もカードで清算出来、給与から差し引けるようになるので色んな用途に使えるハイテク社員証であるとして活用されています。

しかしハイテクICカードを社員証として導入する事でデメリットも生じます。亡失や盗難に遭った場合第三者に不正に利用されたり、システム管理を解読されてセキュリティーが筒抜けにされる事が考えられます。ある企業ではこういった盗難に遭った場合の対策として社員証のICに声紋や指紋などで認識させるシステムを取り入れて第三者が使用出来ないようにしているところもありますが認識システムの導入にはお金がかかります。巧妙なデータ詐取は今後も進化していくでしょうから亡くしたり盗まれないように気を付けるしかないのが現状であると言えます。 とは言えICの技術も進化していますから、色んな事案に備えて対策が施されていくと思われます。企業として便利なハイテク社員証は安全面からも進化が望まれます。